1. ホーム
  2. NEWS & TOPICS
  3. ファミリアのプリント

ファミリアのプリント

カラフルに彩る「プリント」

Tシャツなどをカラフルに彩るプリントには、大きく分けて生地全体にプリント加工する総柄プリントと、裁断した生地パーツに部分的にプリントをする2つの手法に分別されます。

一枚一枚手作業でプリントします

総柄プリントは主に機械を使用してプリントしますが、生地パーツへのプリントは一枚一枚手作業で行われることから、「手捺染(てなせん)」、またはシルクスクリーンと呼ばれます。
今回は「手捺染」について詳しくご紹介いたします。

手擦染の順序

インク
手捺染プリントには「顔料」というインクを使用し、原色の色同士を調合することによって、指定の色を作ります。すべてのカラーはここから、生まれていきます。
調色
色の見え方は混ぜている時と生地に刷った時とで異なることや、温度や湿度によっても影響を受けるため、職人の経験と勘が求められます。
版づくり
プリントには「版」とよばれる型を使用します。手捺染には色ごとに版が分かれており、1色ずつ重ねてプリントすることで柄を表現していきます。例えば10色のプリントの場合は、10枚の版が必要となります。
パーツのセット
台の上に、プリントの位置がずれないように、決まった位置に裁断パーツを貼りつけ、そこに型となる版をのせていきます。
プリント
刷る色の順序を考えて、一色一色正確に均一に、一定の圧力をかけてプリントをしていきます。インクの出方、色を重ねる位置が少しでもゆがんでしまうと、表情が変わってしまいます。インクをただ版に流して刷っているように見えても、実は高度な技術が必要になります。
乾燥
1色ずつプリントをした後には、乾燥機が自動で移動し、140度前後の温度で乾燥します。6色のプリントであれば、6回のプリントの乾燥を経て、最後に仕上げ乾燥を行い検品の後、縫製工場に出荷されます。

商品情報

■品番:341522
■価格:¥8,800〜9,680(税込)
■サイズ:100・110・120・130
■品番:341521
■価格:¥9,350〜10,450(税込)
■サイズ:100・110・120・130
■品番:121521
■価格:¥7,700(税込)
■サイズ:80.90
■品番:121520
■価格:¥6,930(税込)
■サイズ:80.90

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する