クリスマスマーケット~子どもたちの夢の結晶~

クリスマスが近づき大人も子どももわくわくする季節。
今年はヨーロッパのクリスマスマーケットについて写真や絵本で学び、子どもたちで話し合いながら園をクリスマスの街にしていきます。
お店にはどんなものを並べようか、「ツリーに飾るかわいい星のオーナメント!」「クッキー屋さんがいいんじゃないかな?」とみんなで話し合いクリスマスの訪れを心待ちにしています。
クリスマスの街を彩る個性あふれるリースを作りました。
ファミリアチェックやオリジナルの生地の端切れを使い、リースの土台に1枚1枚結んでいきます。
今回は秋冬らしい色合いや厚手の生地を揃えたところ、「ふわふわ~」とこの時期ならではの生地の手触りを楽しんでいる子どもも。
出来上がったリースはマーケットのお店に飾りました。

お洋服作りの過程で出てしまう生地の端材も子どもたちの創造力によって、素敵なアート作品が生まれかわります。ファミリアのものづくりやカラーバリエーションを自然と学べる活動の積み重ねで日々感性が磨かれていきます。


フードエデュケーション~お友だちにスープを振舞おう!~

体も心も温まるミネストローネをお友だちに振舞おう!というプロジェクトも行いました。
クリスマスマーケットのお店に並べるお料理は何のスープにするか?を決める話し合いに向けて、スープに入れる冬野菜についてそれぞれお家で調べてきたものを発表しました。すると、「クリスマスカラー(赤・緑・白)の野菜を入れたい!」という意見が出て、『クリスマスミネストローネ』を作ることに決定。
材料は自分たちで八百屋さんにお買い物に行き、調理スタッフと一緒にクッキング。
たまねぎの皮をむいたりにんじんを細かく切ったり・・
調理の過程でも、見て、触って、嗅いで、様々な発見をしたようです。
自分たちで野菜を選ぶ、調理をするという経験を経て、苦手な野菜にもチャレンジすることができた子もいました。「先生!たまねぎが甘いね!」、「やわらかい!」「みんなで作って食べるとおいしいね!」と、喜んで食べた子ども達です。

ファミリアメソッドのアート活動はこちら>>>

新入園児募集中!

ファミリアプリスクールでは、「子どもの可能性をクリエイトする」という保育理念のもと、ファミリアメソッドを用いた保育を行っております。
現在入園児を募集しております。ぜひ一度入園説明会にご参加ください。

入園説明会のお申込みはこちら>>>