1. ホーム
  2. NEWS & TOPICS
  3. 知っておこう!感染症予防

知っておこう!感染症予防

大切なお子様やご家族の感染予防のために、どんなことに気をつければいいのでしょうか?
ファミリアメディカル神戸クリニック 田中院長にお話をお聞きしました。
ファミリアメディカル神戸クリニックはこちら>>>

Q&A

Q.新型コロナウイルスには、どうやって感染してしまうのでしょうか?
A.「飛沫感染」と「接触感染」の2パターンが考えられています。「飛沫感染」は感染者の咳やくしゃみ、唾液などと一緒にウイルスが放出され、それを口や鼻から吸いこんで感染してしまうことです。
今、「ソーシャルディスタンス」といって人と人との距離を2m離すことを推奨されているのは、飛沫感染を防ぐことが目的です。
「接触感染」は感染者がウイルスのついた手で触れたものや残った飛沫に接触することで、感染してしまうことです。例えばドアノブや電車のつり革、スイッチなど、多くの人が触れる場所に気を付ける必要がありますね。
Q.具体的には、どういった点に気をつければいいでしょうか?
A.まず、しっかりと、そしてこまめに手洗いをすることが基本です。お子さんに教えることはもちろんですが、ご両親もこれまで以上に丁寧な手洗いを心がけてください。特に小さなお子さんはすぐに手を口に運んでしまいますので、こまめに除菌シートなどで拭いてあげてもよいでしょう。
手洗いの後、アルコールや各種消毒剤による手指消毒をすれば安心です。うがいができる年齢のお子さんには、手洗いと同時にうがいをする習慣をつけましょう。

【手洗いの手順】
①流水で手を濡らして石鹸をつけ、手のひらをこする
②手の甲を伸ばすようにこする
③指先・爪の間を念入りにこする
④指の間を洗う
⑤手首も忘れずに洗う
Q.外出しなくてはいけない場合は、どういったことに気をつければいいですか?
A.マスクの着用はもちろん、外出先でもこまめな手洗いを心がけましょう。可能であれば、アルコール手指消毒剤を持ち歩くことをおすすめします。
また、なるべく物を持ち歩かないこともポイントです。お子さんはおもちゃを持ち歩くことが多いと思いますが、おもちゃにもウイルスが付着します。最小限にすると同時に、帰宅後には洗浄しましょう。
Q.布マスクはどのように使えばよいですか?
A.サージカルマスク(医療用マスク)と違い、毎日洗う必要があります。お使いの布マスクの洗濯方法を確認し、使用後はしっかりと洗うようにしましょう。
 

最後に

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、予防接種や健診などの受診をためらわれている患者様もおられると思います。

小児科学会から下記内容の提唱がされております。
「新型コロナウイルス感染症を予防するための対策も重要ですが、極端な制限によって予防できる他の重要な病気の危険性にさらされることを避ける必要があります。今後も数か月単位での流行が想定され、その間に乳幼児健診や予防接種を回避するデメリットは大きいと考えられます。実施にあたっては、いつも以上の配慮が必要になりますが、保護者と実施者が協力し可能な限り予定通りに実施すべきと考えます。」

当院では、感染症の患者様と健診・予防接種などの患者様の診察室を完全に分けております。
また、感染症の患者様と受診時間帯を分けるとともに、他の方との接触を避けるため、受付から診察、会計までできる限り診察室内で過ごしていただくようにしております。

ご不安なことなどあればいつでもクリニックまでご相談ください。

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する