1. ホーム
  2. NEWS & TOPICS
  3. ファミちゃんえほんシリーズ第5弾が登場!「ファミちゃん リアちゃん はじめてはじめて」

ファミちゃんえほんシリーズ第5弾が登場!「ファミちゃん リアちゃん はじめてはじめて」

2020.11.6

PRODUCTS

NEWS&TOPICS一覧へ戻る

「ファミちゃん リアちゃん はじめてはじめて」
2017年販売の「ファミちゃん リアちゃん いちにちあいうえお」に続き、子供たちに絵本を読む楽しさを伝えたいという思いから、放送作家小山薫堂さんとのコラボレーションにより生まれました。
<内容>
ファミちゃんリアちゃんにサンタさんからとどいたプレゼントは素敵なカメラ。「よし、このカメラで はじめてをあつめよう」素敵なことを思いついたファミちゃん。冬、春、夏、秋、たくさんあつまった「はじめて」をファミちゃん、リアちゃんは・・・?

四季の美しい風景とファミちゃんリアちゃんの楽しい様子がたくさん詰まった、親子で何度も読みたくなる絵本です。

【販売について】
■販売日 :11月18日(水)
※オンラインショップは11:00~
■取扱店舗:ファミリアオンラインショップ・全国のファミリアショップ
■品 番 :260005
■価 格 :1,760円(税込)

小山薫堂氏よりコメント

はじめての体験は、人生の記憶に残る大切な瞬間です。それを意識することで、かけがえのない時間が生まれ、それはきっと人生の宝物になります。そんな「はじめて」の尊さの気づきになることを願ってこの絵本を書きました。
小山 薫堂
1964年生まれ。放送作家、京都芸術大学副学長。『料理の鉄人』など数多くの番組を企画・構成。脚本を手掛けた映画『おくりびと』では第81回米国アカデミー賞外国語映画賞(2009)を受賞。エッセイ連載や『ファミちゃんリアちゃん いちにちあいうえお』、『パチパチのほし』など絵本の執筆も多数。地域や企業のアドバイザーを多数つとめ、人気キャラクターくまモンの生みの親でもある。

ファミちゃん、リアちゃんの誕生

ファミリアのメインキャラクター「ファミちゃん」「リアちゃん」は、ファミリアの創業者の1人である坂野惇子がこぐま好きだったことから、1951年に誕生しました。
ラッパとお絵描きが大好きなファミちゃんと、かけっこやスキップが得意のリアちゃんは双子のこぐまのきょうだいです。そんな2人にはレミちゃんというかわいい妹がいて、パパとママと5人で仲良く暮らしています。その他にもファミちゃん、リアちゃんの周りにはたくさんのお友達がいて絵本にも登場します。

楽しいえほんシリーズ

ある日、2人は大好きなおじいちゃんとおばあちゃんに会いに行きました。さぁ、これからどんなことがはじまるのかな…
ファミちゃんは音楽が好きでラッパが得意。プップ ピップ プワーッ。トランペットのたのしい音がきこえてきたよ♪
ファミちゃんはお使いをたのまれて、パン屋に向かいます。ところがあわてんぼうのファミちゃんはどんなパンを買うのか忘れちゃいました…
はじめて2人でおじいちゃんおばあちゃん家に遊びにいくファミちゃん・リアちゃん。道中起こるいろんな出来事を「あいうえお」で楽しく表現!

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する