1. ホーム
  2. NEWS & TOPICS
  3. 創業者の一人 坂野惇子が連続テレビ小説のヒロインのモデルになります

創業者の一人 坂野惇子が連続テレビ小説のヒロインのモデルになります

創業者の一人 坂野惇子が連続テレビ小説のヒロインモデルになります。

坂野惇子 ばんのあつこについて

1918年、神戸で裕福な家庭に生まれ、何不自由なく育ったが、結婚後、神戸の大空襲で自宅は全焼。終戦後、疎開先で幼い子どもを抱えながら、出征したまま消息のわからない夫を不安な気持ちで待つ日々を過ごす。唯一、戦災を免れた軽井沢の別荘に残っていたものを売り食いの材料にしてしのいでいたところ、新円切替のための預金封鎖の追い討ちにあい、途方に暮れ、父に相談したのがきっかけで、それまでのお嬢さん的甘えを捨て、自分の手で仕事をして生きていこうと決心する。
当時、まだまだ日本には、現在のような機能的で、デザインと質に優れた繊維製品は殆ど無く、子ども達の幸せを願って良質な素材としっかりした縫製で愛情あるベビー服を作りたいと、女学校時代の友人田村枝津子、その義姉田村光子、近所の友人村井ミヨ子を誘って、女性4人で娘時代に習った洋裁、手芸、編物を生かして、ささやかなベビーショップをオープンする。
戦前、近所のベビー専属ナースに、自身の出産育児に立合って貰い、進歩的な育児法を学び、感銘を受けた経験から、これを日本の家庭にも是非広めたいという以前からの願いと、良心的な育児用品を、子どもと母親の立場で作りたいという強い思いを、夫達が理解し、真摯なものづくりに励む彼女達の経営面をサポート。1950年、「男女の和と協力」を掲げ、株式会社ファミリアを創立。

金婚式パーティでの坂野夫妻

以来、製造、卸、小売を一貫経営。当時の業界では、ユニークな特色を発揮。「愛情品質」を考えたものづくりで、機能的且つ良質なあかちゃん肌着や、おむつ等を考案し、日本のベビー子ども服業界に大きな革命をもたらした。 又、日本で初めて、子ども用品だけを扱ったデパートを銀座にオープンする等、ファミリアを子ども服業界の代表的企業に育てた。

その後、ファッション界のリーダーとして、社団法人ザ・ファッショングループの会長、理事を務め、又、経済同友会の女性会員となるなど、社会に大きく貢献した。その活躍ぶりと優れたセンスは、多くの人々の心を動かし、多大な影響を与えた。 2005年、惜しまれつつ、87歳の生涯を閉じた。

坂野惇子 ばんのあつこ・略歴

1918年4月 故佐々木八十八(貴族院議員で佐々木営業部=レナウンの創業者)の三女として神戸に生まれる。甲南女学校を経て東京女学館高等科及び伊藤茂平研究所を卒業
1940年5月 坂野通夫(前ファミリア会長)と結婚
1948年12月 女学校時代のクラスメート田村江つ子、その義姉田村光子、近所の友人村井ミヨ子を誘い、主婦4人で神戸でささやかなベビーショップを開店
1950年4月 株式会社ファミリアを創立
1951年4月 大阪阪急百貨店に直営店開設
1956年5月 数寄屋橋阪急に直営店開設
1970-71年 ザ・ファッショングループ(本部ニューヨーク) 東京支部長
1976年9月 子ども百貨店 銀座ファミリアを創業
1981年4月 社団法人ザ・ファッショングループの会長に就任。その後、理事。
1986年2月 経済同友会の女性会員となる
1992年6月 夫・通夫氏の死去に伴い株式会社ファミリアの会長に就任
1998年4月 株式会社ファミリア名誉会長に就任
2005年9月 帰天 (87歳)

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する