1. ホーム
  2. for the first 1000days -出産準備-
  3. 270days
  4. 秋冬の出産準備(10月~2月うまれ)

秋冬の出産準備(10月~2月うまれ)

もうすぐ生まれるあかちゃんのために必要なものを用意する・・・とても幸せなひとときですね。
でも、いったい何をどのくらい用意すればいいのか、迷われているかもしれません。難しく考えなくても、大丈夫。
あかちゃんの秋冬の生活を想像してみてください。あかちゃんに着せるもの、毎日の沐浴に必要なもの。まずはここから準備していきましょう。

肌着

あかちゃんのお肌はとてもデリケート。あかちゃんの肌に直接身につける肌着は“ネクストスキン(第2の肌)”ともよばれるほど、大切な衣類なのです。身体から出る汗や汚れをとる肌着には、肌を清潔に保つ役割があります。ファミリアの肌着は素材・縫製・デザインすべてにあかちゃんのための工夫がいっぱい。『はじめて着る服=肌着』はこだわって、上質なものを選んであげてください。基本のサイズは50cmです。
【打合せ半袖肌着】
1年を通じて一番下に着る基本の肌着。ゆっくり編んだメリヤス素材で風合いも柔らかく、縫い目もタグも外側であかちゃんのお肌に安心です。2ヶ所の紐で、成長に合わせて調整し、400days頃(生後約4ヶ月)まで着用できます。
【打合せ半袖肌着(ピュアベビーウール)】
“ウールのあたたかさ”と“綿の肌ざわり”の両方の良いところを合わせ持った、ふんわりやわらかで、あたたかい肌着です。
【打合せ半袖肌着・ピュアベビーシルク】
あかちゃんにやさしい天然素材100%で、素材の全てがこだわりの日本製。希少価値のある国産シルクで夏は涼しく、冬は暖かく、吸湿・放湿・保温に優れたやさしい素材です。ウォッシャブルシルクで洗濯機で洗えます。
【カバーオール型肌着】
あかちゃんの体型に合わせ、足を動かしやすいように、股部分のマチをしっかり取っています。お腹がでないので、ママも抱っこがしやすいデザイン。寒いときには打合せ半袖肌着と重ねても着用できます
【カバーオール型肌着】
かわいい色柄のカバーオール型肌着は選ぶのも楽しく、肌着のバリエーションが楽しめます。
【長肌着】
おむつ替えがしやすいデザインで、寒い時の調整着としてお使いください。打合せ半袖肌着と重ねてお使いください。
打合せ半袖肌着は本当に使いやすく、何度お洗濯しても型崩れしませんでした。肌触りもよくて安心して着せられました。最近は可愛い柄も増えているので、親しい友人には出産祝でプレゼントしています。
お祝いに頂いたピュアベビーウールの肌着がとてもよかったです!本当に肌触りがよく、お洗濯しても風合いが変わりませんでした。寒い時期に安心なあたたかさです。

秋冬のベビーウェア

体温調節が苦手なあかちゃんは肌着とベビーウェアの重ね着が基本になります。秋冬生まれのあかちゃんには、ソフトな風合いで地厚なスムース地のウェアがおすすめです。ウェアの刺繍は裏地を重ねたり、接着刺繍にして、あかちゃんの肌にやさしい工夫がたくさん。刺繍はあかちゃんのためはもちろん、ママがホッと和むように付けています。刺繍を見てあかちゃんにたくさん語りかけてあげてください。
あかちゃんの足の動きを妨げないよう、裾が広がっていて、裾までボタンを付けていません。おむつ替えやお着替えもしやすく、足を元気に動かす新生児のあかちゃんにピッタリの一枚。
【カバーオール】
体をすっぽり包むつなぎタイプで、股部分のマチをたっぷりとっているので、おむつをした腰まわりをゆったり包み、活発な足の動きにフィットします。着くずれしにくく、抱っこがしやすいのでお出かけにも便利です。
【ツーウェイオール】
ベビー服とカバーオールの2通りの着せ方ができるべビ-ウェア。成長によって足の部分のスナップを留めかえることによって、ベビー服としてもカバーオールとしてもご着用いただけます。400days(生後4~5ヶ月)くらいまで着用できます。
【あったかアイテム】
体温調節がまだうまくできないあかちゃん。秋・冬のおでかけやお部屋での調節着に用意しておくと安心ですね。小さな体をあたたかく包み込んであげてください。
性別が分かってから選びに行ったツーウェイオール。おむつ替えが頻繁な新生児期はお店でアドバイスされた通り、ワンピースの形にして着せていました。カバーオールの形にして着せるようになったからもずっと愛用し、思い出の1枚です。
先に出産した友人から1枚あると便利と聞いて用意したベストが、本当に大活躍でした!袖がないので新生児のときにも着替えさせやすく、必須アイテムでした。成長してからもパジャマの上に着せられるほど長く着せられてよかったです。

肌着とウェアの組み合わせ

あかちゃんは大人に比べて体温調節がまだ上手にできません。秋冬生まれのあかちゃんは、肌着を重ねることが基本です。 秋冬は暖房などお部屋の環境に合わせて、肌着を重ねて体温調節をしてあげてください。ソフトな風合いで地厚なスムース地のベビーウェアがあたたかく、寒い冬には胴着やベストも調節着としてお使いください。

秋生まれ

打合せ半袖肌着+カバーオール型肌着+ベビーウェア(スムース)

【打合せ半袖肌着+カバーオール型肌着】
【ベビーウェア(スムース)】
カバーオール肌着、最初は足を通して着せるのが面倒に感じていました。でも足を元気に動かすようになってからは、動きが妨げられずすごく使いやすいと思うように。マタニティセミナーで習った通り、最初から打合せ半袖肌着の袖を通しておけば、お着替えも楽でした。
見た目重視で購入したくなりがちですが、同じ綿100%でも地厚なものがあるとお店の方に教えて頂き、季節に合った中から好みのものを選びました。肌着を1枚にしたり2枚にしたりで調節し、秋冬ずっと着せられてよかったです。

【おすすめ枚数(秋生まれ)】
新生児の肌着・ベビーウェアは50cmが基本サイズです。
打合せ半袖:3~5枚
カバーオール型肌着:2~5枚
ベビーウェア:3~5枚

冬生まれ

長肌着+ベビーウェア(スムース)

【打合せ半袖肌着+長肌着】
【ベビーウェア(スムース)】
裾が広がった長肌着を着せるときは、動きを妨げないよう同じ形のベビー服を合わせましょう。
産婦人科で着せていたのと同じワンピース型のベビー服、新生児期にとても使いやすかったです!まだお着替えさせるのに慣れておらず、おむつ替えが頻繁な時期に便利だと思います。
出産準備は必要最小限に…と肌着やウェアはかなり少ない枚数しか用意していなかったのですが、冬は洗濯物が乾くのに時間がかかり、結局買い足すことに。買いすぎる必要はありませんが、1日の生活をシュミレーションしてから枚数を決めた方がいいと思います。

【おすすめ枚数(冬生まれ)】
新生児の肌着・ベビーウェアは50cmが基本サイズです。
打合せ半袖:3~5枚
カバーオール型肌着:2~5枚
長肌着:1~2枚
ベビーウェア:3~5枚

ベビードレス

あかちゃんや家族にとって大切な記念日にふさわしい上質なベビードレス。本物で上品なレースや刺繍をふんだんにほどこした華やかなドレスから、シンプルなデザインのドレスまでご用意しています。
真っ白なベビードレスはあかちゃんのかわいさを一層引き立ててくれます。ツーウエイオールと重ねるタイプは、インナーに着るウェアの素材を選ぶことができるので便利です。
衿元との小花刺繍が上品なベビードレス。やわらかい温もりを感じる綿100%のビエラ素材でお作りしています。ベビードレスと帽子がセットです。
小花柄の刺繍が上品なベビードレスは、セレモニー以外にも気軽にお使いいただける便利なツーウェイオールです。
豪華なベビードレスまで必要かな…と迷っていたのですが、女の子なので思い切って購入。退院やお宮参りで着せたら本当に可愛くて大好評でした。この時期しか着せられないので、記念になってよかったです。
男の子と分かっていたので、ドレスではなくツーウェイオールと帽子を購入。退院、お宮参り、お食い初めなど色々なシーンに使えました。白はきちんとした印象になるので、1枚あると便利です。

ラップケット

あかちゃんを抱っこする時にくるんだり、ベビーカーでは膝にかけたり、活躍するラップケット。
秋冬は中綿入りのあたたかいキルト地やパイル地がおすすめです。お好みのかわいいい柄や刺繍をお選びください。
寒い時期は授乳のときにも必ずくるんでいました。肌触りがよくお洗濯もしやすい素材でよかったです。お昼寝のときにかけたり、出先でちょっと寝かせておくときに使ったり、常に持ち歩いていたアイテムです。
ベビーカーにファミリアのラップケットを掛けているママ達を見てうらやましく思っていたので、出産前に気に入った柄を用意しました。クリップもファミリアのものを使って、お出かけが楽しくなります。

哺乳瓶

ママ(家族)によって希望される授乳スタイルは様々です。しかし、母乳が出るか...は、実際にあかちゃんが生まれてみないとわかりません。 母乳で育てたい、と考えている場合でも、直接おっぱいからあげられないことも出てくるでしょう。そんな時に産後すぐから使用していただける哺乳びんを用意しておくと安心できます。困ったときのお助けアイテムとして哺乳びんを準備していただくことをおすすめします。
1日何度も使うものなので、可愛い柄が入っているだけでもテンションが上がります。持ち歩くときはお揃いの哺乳瓶ケースを愛用していました。
母乳だけでいこうと思っていたので哺乳瓶は用意していませんでしたが、搾乳して哺乳瓶に入れればパパも授乳できると思い、出産後に購入しました。私は休憩でき、パパは授乳するのが楽しそうでお互いによかったです。

ヨダレカケ

よだれをキャッチするだけではなく、ファッションの一部として楽しめるヨダレカケ。吸水性も良く、着脱が簡単なワンスナップタイプは、新生児期から使用できます。新生児期は授乳時に、少し大きくなるとよだれかけにオールマイティに使えます。月齢や用途によってデザインや大きさをお選びください。
よだれの量は個人差があるので、ヨダレカケを出産前に大量に用意する必要はないと思います。出産準備では数枚にして、必要になってから購入しました。寝てしまったときに外しやすい、横にスナップがあるタイプが使いやすかったです。
写真を撮る機会が多いので、お顔回りのヨダレカケはけっこう目立ちます。少し大きくなってからはお洋服とコーディネートしやすい色を選ぶ楽しみもありました。

お風呂(沐浴)

お風呂に入る前には、まずあかちゃんの様子を見てあげることが大切です。授乳の前後をさけ、熱があるなど体調がすぐれないときは、お休みしましょう。 沐浴中に必要なものは手の届くところに準備してからお風呂に入れてあげてください。
【沐浴アイテム】
生まれてから1ヶ月ほどは、清潔を保つため、またお湯の温度が調整しやすくお風呂タイムを定めやすいベビーバスでの沐浴をおすすめします。
【オボロタオル・バスタオル・ガーゼハンカチ】
あかちゃんの肌に安心して使える、優しい肌ざわりのタオル類。オボロタオルはお湯に入る時、あかちゃんがびっくりしないよう身体にかけてあげたり、ガーゼ面とパイル面を使いわけて、こまかい所まで丁寧に拭いてあげたりするのにおすすめです。あかちゃんのお口やお顏をふく時は、ガーゼハンカチをお使いください。
【スキンケア】
生まれたての素肌をいたわるやさしいスキンケアシリーズ。あかちゃんとのスキンシップをもっと豊かに大切に...そんな想いから生まれました。皮脂分泌の盛んな360days(3ヶ月)頃までは洗浄を中心に、390days(4ヶ月)頃からは乾燥から守る『保湿』ケアも忘れずに。
キッチンのシンクにベビーバスを入れてお風呂に入れていました。親が服を着たまま入れられるので時間の設定がしやすかったので、生後1ヶ月を超えてもベビーバスを愛用していました。
出産準備の際にすすめられて使い始めたオボロタオル。肌触りのよさ、乾きの良さがとても気に入り、今は家族みんなで愛用しています。かさばらないので旅行の際にも必ず持参しています。

布おむつ

一日10回以上あるといわれるおむつ替え。おむつ替えの時間はあかちゃんとパパ・ママが触れ合う大切なスキンシップの時間でもあります。おむつがぬれたと泣いて教えてくれるあかちゃんに声をかける幸せ。おひさまのにおいがする、ふんわりした布おむつをあててあげる幸せ。心地よくなったあかちゃんを抱っこする幸せ。そんな幸せを、布おむつを通じて味わっていただけたらと思っています。
そんな思いから、ファミリアの布おむつを進化させました。1日数回からでも、“布おむつのある暮らし”をスタートさせてみませんか?
【輪型おむつ】
縫い目のないシームレスタイプでどの面でもあかちゃんの肌に刺激を与えず、安心です。布地の表面にやさしい凹凸のあるドビー織(バーズアイ柄)で吸水性にもすぐれています。4つ折にしておむつカバーにセットし、身体に添わせてあててあげます。
【コンパクトダイアパー】
おむつカバーにセットしてあてるだけのコンパクトな成型タイプの布おむつです。吸湿速乾素材がおしっこをすばやく吸収・発散し、べたつきにくくなっています。ワンサイズで合理的。50~80cmサイズのおむつカバーに対応します。
【おむつカバー】
防水性、通気性にすぐれた素材でもれにくく、蒸れにくいカバーです。股関節脱臼を予防するため、細いベルトでハイレグカットなデザインです。カバーにはおむつがはみ出ないようにこぼれ止めがついていて、おむつをすべてカバーの中におさめることで、漏れを防ぎます。おむつ替えが楽しくなるようなかわいいデザインをご用意しています。
100%布おむつ!と思うと大変ですが、ちょっとだけ使ってみようかなとスタートしたところ、意外にストレスに感じませんでした。1日数回だけ布おむつにして、メインを紙おむつにすれば取り入れやすいように思います。
布おむつはたたむのが面倒だし、干す場所もない!と諦めていましたが、コンパクトダイアパーはあてるだけなので、気軽に使えました。名前のとおりコンパクトで、かさばらないのが良かったです。

寝具

退院したその日から、必要なあかちゃんのお布団。
お布団で寝るのか、ベビーベッドか、決めておきましょう。
「あかちゃんのお世話」では、ファミリアの寝具について、詳しくご説明しています。
お買い物の前に、ぜひこちらをごらんください。
あかちゃんの寝具はこちら>>>

プレママフェス

妊娠が分かってから出産まで、あっという間に過ぎていく270days。生活も身体も少しずつ変化していきます。 もうすぐ会えるあかちゃんを想像しながらワクワクしたり、ちょっぴり不安になったり… この大切な期間を安心して楽しく過ごしていただくために、神戸本店、代官山店、名古屋ラシック店、横浜元町店にてプレママフェスを開催しています。

新規登録の方はこちら

メンバーズ登録済みでご出産予定日が未登録の方はこちら

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する