1. ホーム
  2. for the first 1000days -出産準備-
  3. 270days

プレママが楽しく快適な毎日を過ごすことが出来るよう、植物療法士によるフィトセラピー(植物療法)とよばれる「植物の力を借りた自然療法」をご紹介します。

*フィトセラピー(植物療法)とは:「植物の持つ薬理作用で、体に備わった自然治癒力を高め、病気やケガを癒すという伝承療法の総称です。フランスをはじめとするヨーロッパでは医療と並ぶ療法で、その歴史は3000年とも4000年とも言われています。代表的なものとして、薬草療法(ハーブ)、アロマテラピー、フラワーエッセンス、日本では漢方など、又、おばあちゃんの知恵もこれに相当します。」

〜〜風邪の初期対策とケア〜「風邪をひいてしまったかも?!と思ったら」

年末年始にかけ、一気に寒さが厳しくなりました。この冬は、例年より寒いと言われ、又、未だ止まらないコロナウイルスの感染拡大で不安な中、プレママや授乳中のママにとって、最も大敵は風邪。何となく喉がピリピリしてきた、ゾクゾク悪寒がする、咳や鼻水が出てきた…などの風邪の初期症状に、気軽に病院に行ったり、市販薬をと言うわけにもいかず、とても心配になりますね。
以前、風邪の予防対策についてお話ししました(まだの方は下記リンク『風邪の予防対策とケア』をぜひご覧下さい)。今回は、万が一、風邪をひいてしまったと思われた場合に、自分で出来る初期症状を緩和する植物療法とホリスティックケアをご紹介します。
風邪をひいてしまった!と思ったら、まず、以下のことを実践しましょう。

●体を芯から温めて体温を上げる
●症状にあったハーブティーを取る
●体を休めてたっぷり眠る
●症状に効く植物療法を取り入れる
温めて体温を上げる

ゾクゾクっと悪寒がしたり、何となく風邪をひいたように感じた時は、とにかく体を温めるようにしましょう。体温が下がったままだと、ウイルスや菌につけ込まれやすく、そのまま風邪をひいてしまう可能性が高くなります。体温を上げると血流が良くなり、免疫力もアップします。

⚫︎当たり前のことですが、まずは、暖かい上着を着る、家の中だと、毛布を羽織るなどしてすぐに体を保温しましょう。

⚫︎首、足首、手首、腰回りをスカーフやレッグウォーマー、腹巻などを使って温めましょう。首と呼ばれる部分を温めると、体温が逃げないので、体が冷えるのを防ぐことが出来ます。

⚫︎体の芯を温めましょう。風邪は肩からひくとも言われています。両肩の中心部から背中の中心にかけてホットカイロを貼ると体が芯から温まってきます

スマイルコットンという軽くて柔らかい素材を使用。 ボディウォーマーは伸縮性があるので、大きくなるおなかに合わせて伸びます。

⚫︎体を温めてくれる飲み物を積極的に取りましょう。
体が芯からポカポカに温まる生姜入りの葛湯を作って飲みましょう。

<ショウガ&ハチミツ入り葛湯>

風邪のひきはじめに頼もしいレシピです。

◾️作り方:葛(本葛)大サジ1にショウガ汁小さじ1とはちみつ少々を入れて、熱湯を注ぎ溶かします。

注)市販の葛湯は馬鈴薯澱粉(片栗粉)などが混ざっているものも、たくさん売られていますが、本葛100%のものを選ぶようにしましょう。効果が断然違います。本葛100%のものはスーパーでも取り扱っているので比較的手に入りやすいでしょう。

温かくてもコーヒーや日本茶は体温を下げる働きがあるので避けましょう。

以上の方法を、ゾクゾクッときたらすぐに実践しましょう。
ポイントはうっすら汗ばむくらいに温めることです。
もしも汗をかいてしまった場合は、着替えるなどして、再び体を冷やさないように注意しましょう。又、しっかり水分も補給しましょう。
症状にあったハーブティーを取る

以下のハーブは風邪の初期に、それぞれの症状に合わせて摂取することで、症状の改善や緩和が期待できます。ただし、妊娠中なので、摂取量には十分に気を付けましょう。

①エキナセアのハーブティーを飲む
②エルダーフラワーのハーブティーを飲む
ハーブティーの摂取の仕方と解説はこちら>>


体を休めて眠る
睡眠にまさるセラピーはありません。風邪かな?!と思ったら、すぐに温かくして、出来るだけ早くベッドに入って、睡眠をたっぷりとるようにしましょう。しっかり体を休息させることによって早期回復が期待できます。


喉が痛い場合
喉がピリピリ痛い場合は、以下のことを実践してみましょう。

⚫︎室内が乾燥していては、喉の痛みはひどくなるばかり。加湿器などを使って加湿しましょう

⚫︎紅茶か緑茶でしっかりうがいをしましょう。
紅茶ポリフェノールはインフルエンザウイルスを無力化することが最近の研究で証明されています。また、緑茶に含まれるカテキンはインフルエンザなどのウイルスが喉に付着するのを防ぐ効果があると言われています。どちらもカフェインが入っていますが、うがいだけなら安心です。

⚫︎少し温かいお湯をこまめに飲んで、水分補給をしっかりして喉を潤うようにしましょう。冷たい水は喉を刺激するので、NGです。

⚫︎ティートリーの精油を用いた「蒸気吸入」もおすすめです。(ただし。妊娠初期の方はご遠慮ください)
ティートリーを用いた蒸気吸入の仕方と精油はこちら>>

⚫︎喉の痛みに効果抜群の大根とれんこんのすりおろし汁を作って飲みましょう

<大根とれんこんのすりおろし汁>

◾️作り方:大根、または、れんこん(どちらも皮ごと)のおろし汁大サジ1〜3杯

これをガーゼなどでこして、汁だけを飲む。(はちみつを加えてもOK)

以上、風邪の初期症状に有効なセルフケアをご紹介させていただきました。

もしも、発熱が続いたり、いつまでも症状が良くならないなどの場合は、医師にかかられることをおすすめします。

270days(妊娠期)を楽しみましょう!

過ぎてみれば、おなかにあかちゃんがいる270daysはあっという間。体調が安定したら、あかちゃんと一緒に過ごす270daysを満喫したいですね。ファミリアメンバーズにご登録いただくと、1000daysサービスをご利用いただけます(出産予定日の入力が必要です)。あかちゃんの成長に寄り添うニュースレター、店舗で開催されている1000daysプログラムへの参加、楽しいコンテンツなど270daysを楽しめるツールをお楽しみください。

新規登録の方はこちら

メンバーズ登録済みでご出産予定日が未登録の方はこちら

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する