1. ホーム
  2. 会社情報
  3. ごあいさつ

ごあいさつ

株式会社ファミリア 代表取締役社長 岡崎忠彦

近年のアパレル業界、ベビー子ども服業界を取り巻く環境は、進む少子化や外資系ファストファッションの進出などにより、ますます厳しさを増しています。創業以来65年超に渡りベビー子ども服に携わってきた私たちファミリアも少なからずその変化に直面しています。

そうした環境にあってファミリアでは、65周年を迎えた2015年に「子どもの可能性をクリエイトする」という企業理念を掲げ、より一層深く社会とのコミュニケーションを図っていくことを決意しました。

ファミリアは、1950年坂野惇子をはじめとする4人の女性たちが「子どものためにより良いものを」という情熱に燃えて、わずか3坪という小さなお店からスタートした会社です。創業から65年を経た平成28年度後期NHK連続テレビ小説でファミリアの創業者のひとり坂野惇子をヒロインモデルとした「べっぴんさん」がスタートしました。「特別な品」「特別に誂えたもの」を意味する「べっぴん」は、まさにファミリアのものづくり精神そのものです。

創業以来培ってきたベビー子ども服に対する思いやノウハウ、そしてその蓄積をもとに、これからのファミリアが向かう新たな事業ステージをご期待ください。

岡崎忠彦(おかざきただひこ)
1969年生まれ。甲南大学経済学部卒業。
California College of Arts and Crafts., Industrial Design 科卒業 BFA。
Tamotsu Yagi designでグラフィックデザイナーとして働く。
2003年に㈱ファミリア入社、取締役執行役員などを経て2011年から現職。

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する