1. ホーム
  2. for the first 1000days -出産準備-
  3. 635days
  4. あかちゃんのお風呂(沐浴)&ケア

さあ、お風呂に入りましょう!
沐浴は身体を清潔にするだけでなく、愛情を伝える大切なスキンシップの時間。話しかけながら、楽しいお風呂タイムにしてあげてくださいね。

沐浴とは?

あかちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかきです。生まれてすぐの時期は皮脂の分泌も盛んなので、毎日お風呂に入れてあげましょう。生後1ヵ月ぐらいまでは、ベビーバスを使用しての入浴がおすすめです。
ベビーバスは大人のお風呂に比べて清潔が保ちやすく、湯圧によるあかちゃんの負担もありません。
このベビーバスでの入浴のことを「沐浴」(もくよく)と呼びます。

生後何か月まで?

1ヶ月検診時にお医者さまから「お家のお風呂でいいですよ」と言われますので、そのタイミングで卒業する場合が多いようです。首がすわらないあかちゃんを普通のお風呂に入れるのが心配な場合、引き続きベビーバスを利用するのも一つの方法です。

どの時間帯に沐浴するのがいいでしょうか?

特に「この時間」という決まりはありません。あかちゃんの生活のリズムを作るために、決まった時間に入れてあげましょう。
お昼でも夕方でも、それぞれのご家庭のタイミングに合わせて規則正しく入れてください。
退院後、この時間が一番長く寝るかな?という昼寝のリズムが掴めてきたので、お昼寝の前の午前中に入れていました。体があったまるとよく寝てくれるみたいで、その時間に自分も寝て体を休めていました。
上の子がお世話をしたがったので、夕方に一緒に沐浴をしました。ヒヤヒヤする場面もありましたが、お姉ちゃんがお顔を拭くと、あかちゃんもうれしそうでした。

授乳の前後に入れていいの?

授乳の直前・直後は避けましょう。

沐浴はどこでするの?

沐浴をする時は、腰が楽な態勢でできる場所を選びましょう。 水回りが近い場所(キッチンのシンクや、洗面所、お風呂の洗い場など)でする場合は、使ったあとの水を流すのが楽ですね。 使用するベビーバスは、栓付きのものだとそのまま水を流せるのでおすすめです。
買ったベビーバスには栓がついていなかったので、終わったあとの水を抜くのに、手桶で抜いていたので面倒で、ひっくり返すのも疲れてしまいました。あとで栓付きのものがあると知り、栓付きを買えばよかったと思いました。
冬はお風呂場が寒かったので、お部屋をあたため、綺麗に洗ったキッチンのシンクにベビーバスをおいて沐浴をしていました。腰も楽な体勢で、無理なくできました。

沐浴に必要な準備は?

【準備するもの】
・ベビーバス・洗面器・湯温計・ガーゼハンカチ・バスタオル・オボロバスタオル・ベビーソープ・綿棒・ヘアブラシ・着替えの衣類など

【沐浴の前に】
・あかちゃんの健康状態をチェックします。
・授乳の直前・直後は避けましょう。
・お風呂から上がったらすぐ着せてあげられるよう、おむつ・肌着・ベビーウェアを重ねておきます。
・お湯の温度は38~39℃くらいを目安に。洗面器にかけ湯用のお湯を用意しておきましょう。
【沐浴アイテム】 生まれてから1ヶ月ほどは、清潔を保つため、またお湯の温度が調整しやすくお風呂タイムを定めやすいベビーバスでの沐浴をおすすめします。
【オボロタオル・バスタオル・ガーゼハンカチ】 あかちゃんの肌に安心して使える、優しい肌ざわりのタオル類。オボロタオルは表がガーゼ、裏がパイル地になっていて、やわらかな肌ざわりと吸水性、乾きやすいことが特徴です。お風呂に限らず、何枚あっても便利なアイテムです。

沐浴の手順は?

準備ができたら、いよいよお湯に入ります。
1.服を脱がせる前に、濡らして固く絞ったガーゼハンカチであかちゃんの目元から顔を軽く拭きます。
2.あかちゃんの衣類を脱がせて、軽いタオルでくるみます。頭と首を支えて、もう一方の手でお尻を支え、足元からゆっくりお湯に入れます。
4.頭を濡らしてからベビーソープをつけ、指の腹を使って頭を洗います。湯船のお湯で髪をすすいだ後、ガーゼハンカチで水気を拭き取っておきます。
5.泡立てたソープで首、腕、おなか、足の順に洗います。
6.あかちゃんの向きを変え、背中を洗います。
7.もう一度あかちゃんの向きを変えお股を洗い、すこしお湯の中で遊ばせた後、お湯から上げます。洗面器に用意しておいた上がり湯をかけます。
8.全身をバスタオルでくるみ、ごしごしこすらずに押さえ拭きをします。
※沐浴のめやすは約5~6分です。

詳しくはこちらのムービーをご覧下さい。

お風呂上りにすることは?

沐浴後のケアは、ゆっくりあかちゃんに話しかけながらすすめましょう。

1.全身の水気を拭き取ったあと全身の状態をチェックして、必要があればおへそのお手入れをしたりローションやベビーオイルでスキンケアをします。
2.おむつをあて、衣類を着せます。
3.綿棒で鼻・耳のお手入れをします。そのときベビーオイルを綿棒に少量含ませるとスムーズにできます。
4.髪もブラッシングしましょう。

ファミリア スキンケアシリーズ

【BABY SOAP】
・泡立ての手間のいらないポンプフォーマー
・泡切れがいいので、ベビーバスが泡だらけにならない
・全身に使えるのでBABY SOAP一本で頭から足先まで洗えます
【BABY OIL】
・おしり、頬、ひじ、ひざなど、カサつく寒い季節にも活躍
・さらっとした使い心地でべたつかない
・綿棒に少量を含ませて使うと、お鼻・お耳のお手入れがスムーズにできる
・おむつ替えの汚れ落としにはガーゼ・コットンに含ませ軽くなでるように拭く
【BABY LOTION】
・お肌に水分を蓄える働きのあるヒアルロン酸と自然の保湿成分NMF(天然保湿因子)を配合
・べとつかず、さらっとした使い心地で、乾燥しやすいあかちゃんのお肌を「しっとり」「みずみずしい」状態に保つ

沐浴卒業後のお風呂の入れ方は?

大人が二人で協力してお風呂に入れる、大人一人で入れるなどご家庭によってお風呂の条件は異なります。
いずれの場合も、あかちゃんを洗う係の人はあかちゃんより先にお風呂に入って身体を洗います。
その後、あかちゃんをお風呂に入れて手早くひざ上で洗ってから一緒に湯船につかります。あかちゃんがのぼせないように気をつけましょう。
湯船から上がったらあかちゃんが湯冷めしないうちに手早く身体を拭いて、お手入れは温かいお部屋に移ってからゆっくり行ってください。
一人でお風呂に入れる時は、浴室のドアを開けた状態で空のベビーバスにタオルを敷き、肌着+バスタオルをかけた状態であかちゃんを待機。先に自分の入浴を済ませました。お風呂上がりは、あかちゃんをタオルにくるんだ状態にして、先に自分がすばやく着替えました。
パパがいるときは、あかちゃんを浴室で渡し、終わったらバスタオルをひろげてあかちゃんを受け取るようにしていたので、とても楽でした。二人いると、お手入れもゆっくりしてあげることができました。

予習にはマタニティセミナーがおすすめ

マタニティセミナーでは、あかちゃんの肌着の特長や着せ方、季節ごとのベビーウェアの選び方、沐浴(あかちゃんのお風呂)、布おむつの当て方などをお話をお伺いしながらお一人お一人に合ったご準備を提案いたします。パパの活躍が期待されているあかちゃんのお風呂は、新生児と同じ身長・体重のあかちゃん人形を使ってお風呂に入れたりと、一足先にあかちゃんのいる生活を体感いただけます。

【開催店舗】横浜元町店・代官山店・銀座本店・阪急うめだ本店・ジェイアール名古屋タカシマヤ・京都髙島屋・柏の葉T-SITEなど
神戸本店・横浜元町店・代官山店では、実際にお湯を使って、あかちゃん人形をお風呂にいれる体験をしていただけます。

新規登録の方はこちら

メンバーズ登録済みでお子様登録が未登録の方はこちら

NEWS LETTER

ファミリアの最新情報をいち早くお届けいたします。

登録する